874は色落ちする?縮みはどう?ディッキーズの洗濯の疑問を解消!

スポンサーリンク

 

「874」は普通に洗えるの?色落ちや縮みは??

あなたは、このような洗濯に関する疑問をかかえているのではないでしょうか。

ディッキーズに限らず、衣類を着用した後にどうしても避けて通れないこと、それが「洗濯」です。なので、冒頭に挙げたような疑問をスッキリ解消してから洗濯したいですよね。

 

そんなあなたに向けて今回は、“874ワークパンツ”の洗濯に関する記事を書きました!

 

スポンサーリンク

色落ちは?縮みは?ディッキーズ874洗濯後の変化について



874は洗濯後に、以下のようになります。

  • 生地が柔らかくなる
  • センタープレスがなくなる
  • 毛羽立ちが起こってくる
  • 色落ちしづらい
  • 生地の縮みが少ない

では、詳しくみていきましょう!

 

洗濯により、ディッキーズの糊がとれてパリパリの硬い生地が柔らかくなる

ご存知の通り、新品の874の生地はパリパリ感が特徴です。

もともとの生地の厚さに加えてこのパリパリ感なので、穿き始めの“874”はとても硬く感じられます。

なんというか穿いても脚に馴染まず、融通が利かない感じ。

 

そんな874のパリパリ感の正体は、生地をコーティングしている“糊(のり)”です。

糊でコーティングされているので、パリッとパリパリな硬い生地になっています。

そしてこの糊は、洗濯によって落ちるものでもあります。なので、洗濯を繰り返すにつれ徐々にコーティングがとれていき、パリパリ感は薄れていきます。それにともない874の生地も柔らかくなっていくのです。

柔らかくなってくると穿きやすいうえ、自分の脚の形にもなじんで愛着も湧いてきます。オリジナル感が増して「自分だけのワークパンツ」って感じが最高です。

最初はあまり打ち解けてくれない生地だけど、穿いて洗濯しているうちに段々と心を開いてくる、そんな魅力が874にはあります。

 

874を早く柔らかくするには?

また、「早く874の生地を柔らかくしたい」という人は、次の方法を試してみてください。

それは洗濯のときに柔軟剤を入れて洗うことです。

こうすることで生地自体がほぐれてくれるので、普通に洗うよりも多少早く柔らかくなります。

柔軟剤の効果によって生地の傷みも防いでくれるので、一石二鳥です。

ぜひお試しあれ。

 

【ディッキーズを柔らかく】新品の硬い生地を簡単に穿きやすくする3つの方法!
「新品のディッキーズは、生地が硬くて穿きづらい」 「ディッキーズの生地がゴワゴワ、パリパリしてるのが嫌」 これ、早く何とかしたいですよね。 今回は、そんなあなたに向けての内容です。 デ...

 

 

洗濯を繰り返すうち、元々ついていたセンタープレスがなくなる

874は、生地の硬さに加え「センタープレス」が付いているのも特徴です。

センタープレスは、パンツの中央に着けられた折り目のデザインのことです。新品の874ワークパンツの場合、中央にはっきりと折り目が付いています。

そしてこのセンタープレスですが、洗濯していくにつれ徐々に折り目が薄くなってきます

 

洗濯で糊が落ちてくるのと同様に、折り目の加工も取れてきてセンタープレスが無くなるんですね。

これについては、糊とアイロンがあれば再び折り目を付けることもできます

 

 

洗濯により生地に毛羽立ちが起こり、味が出てくる

874に限らず、「873」や「574ワークシャツ」など、ディッキーズのインポート品は、洗濯を繰り返すことで、生地に毛玉のような毛羽(けば)立ちが起こることがあります。

【徹底解剖】ディッキーズの長袖ワークシャツ「574」について語ろうか
ディッキーズといえば「ワークパンツ」、というのはもはや常識なのですが、ディッキーズのアイテムにはワークパンツと対をなす「ワークシャツ」というものがあります。 代表的なのは、こちらの「...

 

これは、一見すると悪いことのように思いがちですが、ディッキーズに関しては別です。

洗濯によって柔らかくなった生地とできた毛玉が相まって、どこか古着のような「味」が出てくるのがディッキーズの魅力です。デニムや革のように、生地の経年変化が楽しめるのが874の面白さですね。

「ディッキーズ874」が50年以上も愛され続ける理由「4つの魅力」とは?
ディッキーズの長い歴史のなかで、今も昔も「定番」といえば“874 ワークパンツ”のことを指しているでしょう。 2017年、"874"は誕生から50年という節目を迎えました。こ...

気にせずどんどん着用して洗濯しましょう。

 

毛羽立ちは嫌だという方には「WD874ワークパンツ」などの日本企画のディッキーズがおすすめ。

こちらは生地の質が高く、洗濯を繰り返しても毛玉ができづらい素材だからです。きれいな状態で長く着られるのが魅力です。

Dickies(ディッキーズ)WD874 ワークパンツ

 

【ディッキーズ874とWD874】インポート企画と日本企画の特徴や違いを比較
  ディッキーズの「874」と「WD874」の違いって何? 「インポート企画」と「日本企...

 

 

874の「TCツイル」は洗濯しても色落ちしづらい

ディッキーズの中でも綿(コットン)が多い生地は、洗濯を繰り返すことで少しずつ色味が薄くなっていきます。

一方で、コットンに加えてポリエステル配合の「TCツイル」という素材を用いた874は、ほとんど色落ちしません。

 

この生地の詳細については以下にまとめています。

「T/Cツイル」素材とは?ディッキーズの揺るがぬ高品質の秘密
ディッキーズ製品の機能性といえば、もはや説明不要の域ですが、この揺るぎない高品質を支えているのは「T/Cツイル」という素材です。 これはワークパン...

 

上の記事にも書きましたが、「TCツイル」には色落ちしない以外にも多くの機能性があります。

この生地はディッキーズの中で「874」や「WD874」「873」「ワークシャツ」といった多岐にわたる製品に使われています。

 

 

874は洗濯後でもほとんど縮まない

「TCツイル」のもうひとつの効能ですが、伸縮性が少ないというのがあります。

生地が伸びたり縮んだりしないという意味で、つまり874は洗濯後でもほとんど縮みがありません。

 

ポリエステルに形態安定性が備わっているため、このようになっています。

伸縮性がないためウエストがきつく感じて穿きづらさはありますが、洗濯後に衣類が縮んでサイズが変わってしまうということがないので、安心して洗うことができますね。

 

 

スポンサーリンク

あとがき


ディッキーズ洗濯後の変化についてまとめると

  • 生地が柔らかくなる
  • センタープレスがなくなる
  • 毛羽立ちが起こってくる
  • 色落ちしづらい
  • 生地の縮みが少ない

こんな感じです!

 

“874”は、洗濯しても色落ちしたり生地が縮んだりすることもないので、ガンガン穿いて、洗うことができますね。

さらに、洗い方を工夫すれば生地の傷みも最小限にとどめることもできます。

【簡単】お気に入りの服を長く着るために私が実践する洗濯方法をご紹介!
 服を着用した後に避けて通れないことは「洗濯」ですよね。  特にお気に入りの服を洗濯するときは、色落ちするんじゃないかとか、生地が傷むんじゃないかとか色々と心配になります。 そこで今回...

 

“874”は最初硬い生地で融通が利かないけど、洗濯するたびに足になじむようになっていくので、面白さがあります。

では、良いディッキーズライフを!

高品質!すぐ届く!ディッキーズ874は安心のAmazonで!

 

ディッキーズハーフパンツの違いは?「42283」と「US42283」を比較
ライブハウスやフェスなどでよく見かける、カラフルなハーフパンツ。 その正体は、ご存知の通り「ディッキ」という愛称で親しまれているハーフパンツ、“ディッキーズのワークショーツ”です...
タイトルとURLをコピーしました