【ディッキーズ874レングス選び】身長別、おすすめのレングスサイズをご紹介!

 

ネットでディッキーズの「874ワークパンツ」を購入するとき、迷ってしまう項目が"レングス"ですよね。

 

 

874のレングスは、主に"28"、"30"、"32"の3種類ありますが、どれを選ぶべきなのか?

 

先に結論を書いてしまうと、迷ったときは「レングス30」を選ぶのが適切でしょう。

 

〝身長〟〝どう穿くか〟によっても変わってきますが、詳しくは後ほど。

 

今回は、そんな874ワークパンツのレングスについてのお話です!

 

874ワークパンツのレングスについてまとめ!違いは?選び方は?

874 レングス
ご存知かと思いますが「レングス」とは、「股下の長さ」のことですよね。

 

簡単に図にすると以下のようになります↓

 

874 サイズ

 

ズボンの股の部分(2つに分かれている部分)から、一番下の裾(スソ)までの長さがレングスです。

 

874のレングスは、サイズを選べる

874はレングスの長さを選ぶことができます。

 

対応する股下の長さは3種類で、

・レングス28=股下70㎝

・レングス30=股下75㎝

・レングス32=股下80㎝

 

にそれぞれなっています。

 

874はレングスを選べることによって、自分に合った股下の長さにできるので、裾上げ(裾直し)不要ですぐに穿けるというのが魅力です。

 

874の基本は「レングス32=股下80㎝」、けっこう長い

874の基本は、レングス32です。

つまり股下80㎝です。

 

なので、レングスの長さを選べなかったり、特別な記載がなかったりするショップの874は、股下80㎝のことが多いと思っておいてください。

 

けっこう長いですよね。

 

では、レングスの長さを選べるショップの場合は、どれを選べばいいのか。

自分に合った長さはどれなのか。

 

次は、身長ごとにおすすめのレングスをみていきます!

 

 

身長別、874ワークパンツ「レングス」の選び方

 

まず覚えておいてほしいのは、874は股上が深いつくりになっているため、ベルト部分から股のところまで長さがあるということ。

 

つまり、股上部分が長く、そこにレングス(股下の長さ)も加わるので、874は全体的に"丈(たけ)が長いパンツ"ということです。

 

それを踏まえ、レングスを選ぶ目安となる身長に分けてみましたので、順番にみていきましょう!

 

身長170㎝前後の人におすすめのレングス

身長が170㎝以下、もしくは170㎝前半の人「レングス28」がおすすめ。

下の写真のようにおへその辺りまでボトムスをあげ、ハイウエスト気味に穿く場合や、裾を折ってロールアップする場合は、「レングス30」でもいいですね。

 

ディッキーズ874のロールアップなど、長い裾を何とかする3つの方法をご紹介!
ディッキーズの“874ワークパンツ”を穿いたとき、裾(スソ)の部分が長くなるということがあ

 

身長175㎝~180㎝の人におすすめレングス

身長175㎝~180㎝の人「レングス30」「レングス32」がおすすめです。

基本的にレングス30を選べば、ウエストできっちり穿くことも腰穿きすることもできます。

ハイウエスト気味に穿く場合は、レングス32でもいいです。

 

参考までに、私は身長180㎝で、874を腰穿きするときはいつもレングス30を穿いています。

レングス30をきっちり穿くと裾がくるぶしの上あたりにきて、腰穿きすると裾が足の甲にのるかんじです。

 

レングス32を穿くと、ウエストできっちり穿いても裾が若干長くなるのでロールアップしています。

 

なので、裾を長くして穿きたいというあなたにはレングス32がおすすめです。

 

身長180㎝以上の人におすすめのレングス

身長180㎝以上の人「レングス32」がおすすめ。

 

深い股上も加わるのでレングス32は相当長いですが、身長180㎝以上あれば問題ないでしょう。

腰穿きで裾が長くなれば、ロールアップして穿くことができます。

 

身長が180㎝以上もあれば「レングス30」でウエスト穿きし、足首をだす"アンクル丈"で穿くというのもおしゃれにきまりそうです。

 

あとがき

 

おおまかにまとめると、

 

・身長170㎝以下、170㎝前半の人は「レングス28」

・身長175㎝~180㎝の人は「レングス30」か「レングス32」

・身長180㎝以上の人は「レングス32」

 

がおすすめです。

 

身長180㎝以上の人は迷う必要ありませんが、その他の人で、迷ったときは「レングス30」を買うのが無難。

いちばん汎用性が高く、どの身長の人でも穿きこなせるサイズだからです。

裾上げ前提や裾に余裕を持たせておきたい場合は、「レングス32」がいいですね。

 

また、ウエスト穿きや腰穿き、ロールアップなどによってもレングスは変わってきますので、いろいろ調整してみてください。

 

レングスに関しては、下の記事でまとめた通り、裾を自分で切って長さを調節するカットオフということもできます。

【カットオフ874】誰でも簡単に!ディッキーズ874のカットオフ方法をご紹介!
 ディッキーズ874をそのまま穿くのもいいけれど、ちょっとひと手間加えるだけで、874を簡単にリメイクできる方法があるんです。 自分好みに874をリメイクし、世界にひとつだけの874をつく...

 

今回の記事がレングス選びの参考になれば幸いです。

 

【徹底解剖】ディッキーズの長袖ワークシャツ「574」について語ろうか
 ディッキーズといえば「ワークパンツ」、というのはもはや常識なのですが、ディッキーズのアイテムにはワークパンツと対をなす「ワークシャツ」というものがあります。代表的なのは、こちらの「574ワー...
ディッキーズのハーフパンツ「42283」と「US42283」の違いは?
 ライブハウスやフェスなどでよく見かける、あのカラフルなハーフパンツ。その正体は、ご存知の通り「ディッキ」という愛称で親しまれているハーフパンツ、“ディッキーズのワークショーツ”です。 ...
ディッキーズのサコッシュ大流行!野外フェスやライブに便利なミニショルダーバッグ
最近、流行りのファッションアイテムに「サコッシュ」という聞き慣れない言葉のアイテムがありますね。 サコッシュとは簡単に言えば、肩掛けのバッグ、ショルダーバッグのことです。...
タイトルとURLをコピーしました