ディッキーズのロンT「WL450」が超おすすめ!肉厚・カラバリ豊富でいい感じ!

スポンサーリンク

ディッキーズのロンTがめっちゃいい感じ!」っていう噂を耳にしたんですよね。

気になったので、試しに噂の「WL450」を買ってみたら、本当にいい感じだったので、生の情報をお届けします。

・おすすめのロンTを探してる人、

・ディッキーズのパンツに合わせるトップスを探してる人、

・何となくここにたどり着いた人

役に立つと思うので、ぜひ読んでいってください。

スポンサーリンク

「ディッキーズのロンT|WL450」が超おすすめなので情報をお届け!

「WL450」は肉厚・リブ袖・カラバリ豊富なディッキーズの長袖Tシャツ

今回お話するディッキーズのロンTは「WL450」という品番のもの。左胸部分にポケットとロゴが付いた長袖のTシャツです。

この「WL450」について、私がいい感じだと思った点は以下の4つです↓

・厚手のヘビーウェイト生地
・リブ仕様の袖口
・ワンポイントロゴ

・豊富なカラーバリエーション

順番に見ていきましょう!

 

●タフで頼りになる「厚手のヘビーウェイト生地」

ガンガン着られる「ヘビーウェイト」のタフなロンTで、丈夫かつ長持ちするのがメリットです。

説明不要の生地の品質は、WL450に貼られたシールが物語っています。剝がさずにずっと貼っていたくなる誇らしさですよね。

こちらは洗濯を繰り返してもヘタれにくい肉厚生地でありながら、薄すぎず厚すぎず、ちょうどいい仕上がりのため、日常使いに最適。

これ1枚でも十分着られるし、重ね着やインナーにも使えるので、着回しの幅も広いです。

 

●しっかりした作り「リブ仕様の袖口」

個人的な好みなんですけど、ロンTの袖口は断然「リブ仕様」のほうが好きです。

リブ袖とは、「伸縮性あるように絞られている袖」のことです。存在は知ってたけど、記事を書くときに初めてこの袖の名称を知りました。

「半袖をただ伸ばしただけのような単純な袖のロンT」よりも、WL450のようなリブ袖の方がしっかりした作りに見えるので、私は好きです。

こちらは腕先が絞られているので、スッキリしたシルエットになります。

 

●着用しやすい控えめな「ワンポイントロゴ」

ディッキーズのロゴって、赤・黄・青の主張が強い原色の色使いですよね。

そのため、「大きくプリントされていると着るのに抵抗がある」っていう人もいるのではないでしょうか?

かといって「ロゴも何もない無地だと寂しい気がする」ってことありますよね。

その点こちらのWL450は、無地のボディにディッキーズのワンポイントロゴが付いていて、いろんな要望を叶えてくれる代物です。

しかもプリントじゃなくて「タグ」なのがおしゃれじゃないですか?

 

●18種類の「豊富なカラーバリエーション」

無地でシンプルなTシャツって、使いやすいので、色違いで何着か欲しくなってしまいますよね。

ディッキーズ874などと同様に、WL450もカラーバリエーションが豊富で、その数なんと18種類

お気に入りの色を着てもいいし、気分で選べるようにいくつか色を揃えておくのもいいですね。

ちなみに私が購入したのは「ディープブルー」でした。

スポンサーリンク

「WL450」のサイズ感は?US規格でサイズ大きめです

ニューエラのごとくシールを貼ったままイキって着てみました。

「WL450」のサイズ感は、USサイズなので「大きめ」です。

私は普段、日本規格でL~XLを着ていますが、WL450については「Mサイズ」でちょうどでした。

ちょうどいいサイズを着たければワンサイズ落として、ダボっと着たければいつもと同じサイズを選ぶのがいいでしょう。

ただ、ロンTって、肌着のようにピタッとしてしまうとカッコよくないので、ほどよくゆとりのある方がいいですよね。

なので、US規格だからと慎重になりすぎなくてもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

あとがき

今回ご紹介したディッキーズ「WL450」の良さは以下です。

●タフで頼りになる「厚手のヘビーウェイト生地」
●しっかりした作り「リブ仕様の袖口」
●着用しやすい控えめな「ワンポイントロゴ」
●18種類の「豊富なカラーバリエーション」

 

ディッキーズのロンT、WL450は、874などのワークパンツにも合わせやすくていい感じなので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか♪

肉厚・カラバリ豊富で超おすすめ♪

 

タイトルとURLをコピーしました