【ディッキーズ874とWD874】インポート企画と日本企画の特徴や違いを比較

スポンサーリンク
 

ディッキーズの「874」と「WD874」の違いって何?

「インポート企画」と「日本企画」があるの?


今回は、ディッキーズ「874」と「WD874」の違い、そして【インポート企画】と【日本企画】についての記事です

では、みていきましょう!

 

スポンサーリンク

ディッキーズ「874」と「WD874」、インポートと日本企画の特徴や違いを比較!

ディッキーズの「874」と「WD874」は別物


まず最初に覚えておいてほしいのは、単に「874」といえば、インポート(US)企画を指しているということです。

インポートとは海外企画ということです。製造国はメキシコやアメリカなど様々なのですが、「874」は世界中で流通しているため、流通する国や地域、土地柄によってもその姿を独自に変えています。

そして、日本で流通している「874」は日本人の好みに合わせて変化し、日本企画である「WD874」というワークパンツが誕生しました。

 

つまり、これら874WD874は名前が似ていてややこしいですが、全くの別物です。

たとえば、インドとインドネシアって名前が似ている国だけど全く違う国ですよね。それと同じようなかんじです。

それぞれ「874」はインポートのUS企画、「WD874」は日本企画のワークパンツということを覚えておきましょう。

では、両方のワークパンツそれぞれの違いや特徴をみていきます!

 

スポンサーリンク

ディッキーズ「874」インポート企画の特徴について



まずは、インポート企画からです!

この「874」の原型となったパンツは、1950年代のアメリカでワークウェアとして誕生。それ以降、世界中の労働者やアーティスト、スケーターなどに愛され続けています。

ディッキーズのスケートライン特集!「DICKIES SKATE」スケートボード&ディッキーズ!
 ディッキーズには、ストリートのスケータースタイルに特化した「DICKIES SKATE」というアパレルラインがあ...

 

そして「874」は今やワークやカルチャーという枠組みを越え、多くの人々に愛されるボトムスにまで成長。2017年にはなんと、誕生から50周年を迎えています!

「ディッキーズ874」が50年以上も愛され続ける理由「4つの魅力」とは?
ディッキーズの長い歴史のなかで、今も昔も「定番」といえば“874 ワークパンツ”のことを指しているでしょ...

 

そんな「874」の特徴とは?

 

①ワークウェアなので、生地がとにかく頑丈

874 ワークウェア

 

もともとディッキーズのワークパンツは肉体労働者のために開発されたものです。そのため、どんな環境でも耐えられるよう頑丈な生地を用い、それを補強するように丈夫な縫い方でつくられています。

危険かつ過酷な労働環境で有名な当時の炭鉱でも874が穿かれていたくらいなので、かなり優秀なパンツだということがわかります。

ワークウェアなので破れや傷みなども生じにくく、長く穿けますね。

 

874の生地について、詳しくはこちらにまとめてあります。

「T/Cツイル」素材とは?ディッキーズの揺るがぬ高品質の秘密
ディッキーズ製品の機能性といえば、もはや説明不要の域ですが、この揺るぎな...

 

②太く、ゆとりの多いストレートなつくり

「874」は、けっこう太めなつくりです。

股上が深く、裾幅や太もも部分のワタリ幅も広いのでゆったりと着られます。

ストレートでシンプルなシルエットが特徴ですね。

 

トレンドの細身なシルエットとは違っていますが、流行り廃りが無い874の無骨なストレートシルエットには、えも言われぬカッコよさがあります。

 

 

③サイズ展開が豊富なので誰でも穿ける

「874」はなんと、28~44インチ(ウエスト73㎝~113㎝)まで、幅広いサイズを展開しているので、人を選ばずほとんど誰でも穿くことができます。

誕生の地であるアメリカには大柄な人が多いので、豊富なサイズ展開となっているんでしょう。着る人の体型に左右されないパンツです。

 

また、874にはレディースというものがありませんが、28インチなどの小さいサイズは小柄な女性にも穿きやすいサイズですね。

女性向け!「ディッキーズ874」サイズ選びのコツをご紹介!
ディッキーズのワークパンツである「874」。 874はメンズパンツとして分類されていることが多く、...

 

 

④レングス(股下の長さ)が選べる

レングス30(75cm)や32(80cm)などから長さを選ぶことができるのも魅力です。

自分の身長に合う股下の長さを選べば、裾上げの手間がかかりませんね。

【ディッキーズ874レングス選び】身長別、おすすめのレングスサイズをご紹介!
ディッキーズの「874ワークパンツ」を購入するとき、迷ってしまう項目が"レングス"ですよね。 ...

 

また、ストレートでシンプルなシルエットが特徴ですが、豊富なサイズ展開とレングスが選べることから、様々な着こなしを楽しめます。

きれいめ目に着こなす場合は、通常通りジャストサイズにしてウエストで着用。

腰穿きしてカジュアル感やストリート感を出す場合は、裾が長くなりすぎるので、レングス(股下)を短くして着用するのがおすすめです。

 

いろいろな方法があるので、好みで選べばいいですね。工夫次第でいろいろと楽しめる魅力があります。

ディッキーズ874のロールアップなど、長い裾を短くする3つの方法をご紹介!
ディッキーズの“874ワークパンツ”を穿いたとき、裾(スソ)の部分が長くなるということがあ

 

 

⑤とにかくコストパフォーマンスが高い

最後、「874」は値段もお手軽です。

ここだけの話、「WD874」を1つ買うだけのお金があれば、「874」だと2つは買えます。

DICKIES 874 ワークパンツ

 

コストパフォーマンスの高さが魅力ですね!

「WD874」が高くなる理由はのちほど。。。

 

以上が一般的なインポート企画「874」でした。

 

続いては日本企画の「WD874」についてです。

 

ディッキーズ「WD874」日本企画の特徴

「WD874」について簡潔にまとめると、伝統の874ワークパンツを現代風にアレンジしたもので、よりファッション性を向上させたものです。

特徴は以下です。

 

①874と同様に生地が頑丈

インポート版の生地を継承し、WD874も頑丈なつくりの生地になっています。

そのおかげで「874」と同じように、傷みが少なく長く着られますね。

この頑丈さは、US、日本問わずディッキーズの共通事項のようです。

 

②細くストレートなつくり

「WD874」はインポート企画よりも若干細くつくられています。

股上も浅めなので、穿くだけで足をスラッと長く見せることができます!

 

「874」よりも、どちらかといえば「873」に近いものがあります。

【ディッキーズ】873ワークパンツとは?874との違いやサイズ感、特徴などを比較
ディッキーズのワークパンツ「WP873」について。 「WP873」は名前が定番の「874」...

 

 

③シルエットが現代的で洗練されている

「WD874」は、太もも周りや裾などの各部がタイトになっています

ファッション用語でいうところの「テーパード」です。

 

そのため、874の昔ながらのストレートなつくりと比較し、程よいサイズ感の現代的なシルエットを実現しています。

トレンドを押さえ、おしゃれでかっこいいのは間違いなく「WD874」の方だと思います!

伝統的なワークパンツとしての機能性はそのまま残しつつも、ファッション性を向上させて日常に溶け込みやすい仕様へとアレンジされているのが魅力です。

 

 

④日本のこだわり、生地の品質が高い

「WD874」の生地の素材自体は、「874」と同じです。

同じなんですが「WD874」は格段にその質を向上させています。丈夫でありながらも良質な穿き心地です。

 

インポートの「874」は、日常から離れた労働者向けに作られていたため、「質」に関してのこだわりはうすいです。どちらかというと粗末な大量生産で、大衆向け。

一方、「WD874」は、日常に溶け込むワークパンツとして「質」の部分に徹底的にこだわりをもって作られています。なめらかな生地で穿き心地がいい。

 

874の無骨な雰囲気とは違い、「WD874」は、生地の質やシルエットなど多くの点で「洗練」されています。

たとえばビジネスシーンや格式高いレストランでの食事など、ラフでカジュアルな服装が許されないっていうときがあると思いますが、そんな場面でもスマートに対応してくれるボトムスです。

そこに日本企画のこだわりが感じられますね。


この質部分が、874との価格の違いでもあります。

 

また、「WD874」は、繰り返し洗濯してもほつれや毛羽(けば)立ちがほとんど起きません

874は色落ちする?縮みはどう?ディッキーズの洗濯の疑問を解消!
「874」は普通に洗えるの?色落ちや縮みは?? あなたは、このよう...

洗濯に気を使わなくてもいいのは嬉しいですね。

 

「WD874」だけでなく、日本生まれのディッキーズワークパンツはどれも質が高く、どの型も穿きやすいです。値段以上の価値があります。

【ディッキーズの種類は?】WD874など日本企画のワークパンツ特集!
ディッキーズのワークパンツは定番の「874」だけでなく、多くの種類があります。 今回は、その中でも特に...

 

 

「874」と「WD874」のどちらを選べばよいか


どちらも素晴らしくいいボトムスなので、選ぶときは好みの問題になりますね。

これについては、「どう穿きたいか」「自分をどう見せたいか」「好きなスタイルは何か」によると思います。

 

たとえば、太めのボトムスを楽にゆったり穿きたいというあなたには、「874」がおすすめ。

また、細身できれいなシルエットにこだわりがあり、スマートでオシャレに穿きたいというあなたには「WD874」がおすすめ。

 

無骨で男らしい印象があるのが「874」。フォーマルな場面にも対応し、洗練された印象があるのが「WD874」です。

ぜひ好みのスタイルに合わせて、穿き替えてみてください。

 

初めてディッキーズのワークパンツを買うなら「874」がおすすめ

ちなみにディッキーズのワークパンツの購入が初めてというなら、まずはインポート企画「874から穿いてみるのがおすすめです。

値段もお手頃ですし、こちらはディッキーズの定番で入門にもってこいだからです。

 

私の場合は最初に購入したディッキースは「874」ではありませんでしたが、16歳のときに初めてインポート企画を穿いて、ディッキーズにのめり込みました。

【太いパンツを求めて】私がディッキーズに狂ったきっかけを書く
私は2014年に、こんなツイートをしています↓ 一年中ディッキーズはいてる自分 — YA (@ya_shikok...

この時はカーゴパンツだったのですが、めちゃくちゃかっこよかったです。

 

歴史と伝統に裏打ちされた無骨なインポート企画のディッキーズには、理屈抜きで穿けばわかる良さがあります。

カラー展開も豊富なので好みの色を見つけやすいですしね。

悩んだらこれ!絶対外さない「ディッキーズ874」おすすめの色5選!
ディッキーズのワークパンツといえば、ご存知「874」ですよね。 「874」は現在なんと、16種類以上のカラ...

 

初めに「874」を買ってみてこれが気に入るようでしたら、ぜひ日本企画「WD874もチェックしてみてください!

インポート企画とは違い、洗練されたスタイルを醸し出します。

【ディッキーズ874】輸入品に日本語タグ?インポート品の秘密
気まぐれでInstagramの投稿頻度を増やし始めたのですが、少しづつフォローやいいねを頂けるようになったの...

 

あとがき


まとまりもなく色々書いてしまいましたので、最後おおまかにまとめておきます。

「874」(US)

  • ゆとりの多いストレートなつくり
  • サイズ展開が豊富
  • 股下の長さが選べる
  • コストパフォーマンスが高い(コスパが良い)

 

「WD874」(日本)

  • 874よりも細いストレートなつくり
  • 股上が浅めで、もも周りから裾にかけてがテーパードになっている
  • シルエットが現代的で見た目がきれい
  • 生地の品質が高い

以上です。

 

それにしても「874」の原型ができたのは1950年代だったので、ディッキーズの歴史はかなり長いですよね。

それだけ歴史があるってだけでもすごいのに、現在まで流行に左右されず、独自のスタイルをつらぬいています。

売れないと廃れてしまうけど、いまだに無くならない。

 

この、歴史が物語るディッキーズの良さ。

 

是非、体感してみてください。

 

どこよりも安い!"WD874"はこちらから!

送料無料!返品無料!"ディッキーズ874"最安値1852円から!

 

もっと知りたい!「ディッキーズ874」インポートと日本企画の特徴や違いを比較②
以前にディッキーズ「874ワークパンツ」の日本製とUS製(インポート)の違いについてまとめました。 ...
ディッキーズのサビみたいな生地「ラスティ―」他、おすすめパンツを紹介!機能性も高い
ディッキーズ製品の生地には様々な素材があります。 上のT/Cツイル素材は、ご存知「874ワーク...
タイトルとURLをコピーしました