「T/Cツイル」素材とは?ディッキーズの揺るがぬ高品質の秘密

スポンサーリンク

ディッキーズ製品の機能性といえば、知れ渡りすぎていて、もはや説明不要の域ですよね。

この揺るぎない生地の高品質を支えているのは、「T/Cツイル」という素材です。

これはワークパンツの「874」や「WD874」をはじめ、ワークシャツの「574」「1574」など、多くのディッキーズ製品にも使われています。

「ディッキーズ874」が50年以上も愛され続ける理由「4つの魅力」とは?

【徹底解剖】ディッキーズの長袖ワークシャツ「574」について語ろうか

 

今回は、そんなディッキーズ高品質の秘密である「T/Cツイル」についてみていきましょう。

 

スポンサーリンク

ディッキーズ製品に多く使用!「T/Cツイル」素材の秘密、特徴について

ディッキーズの「T/Cツイル」素材とは?

ディッキーズの「T/Cツイル」は、ポリエステル65%、綿35%の割合で配合された素材。

これをもとに、ツイルという特殊な縫い方で作られた、厚みのある生地のことです。

 

「T/Cツイル」という言葉を分解してみると、

●「T」→テトロン(ポリエステル系の繊維)
●「C」→コットン
●「ツイル」→ツイル縫い

それぞれの頭文字をとって「T/Cツイル」となっています。

ちなみにこのポリエステル65%、綿35%という配合は、「T/Cツイル」の中でも王道の配合となっているようです。

 

「T/Cツイル」の特徴は、ポリエステルとコットンの良いとこどり

「T/Cツイル」は、「ポリエステル」と「コットン」を組み合わせた素材なので、「両方の良いところを兼ね備えている」のが特徴です。

 

まず「ポリエステル」の良いところを挙げてみると、

・シワになりにくい
・洗濯で素材が縮まない
・きれいな光沢がある
・色落ちしづらい

 

次に「コットン」の良いところをみてみます。

・肌触りが柔らかい
・通気性がある
・耐熱性がある
・風合いがいい

 

生地それぞれに良いところがあるのがわかりますね。

そしてなんと、これらポリエステルとコットンの良いところを全て併せもっているのが「T/Cツイル」なのです!

まさに両方の良いとこどり。

ただ、こうなると、「それぞれの悪いところも組み合わさるのではないか?」と、思ってしまいますよね?

でも実は、これもまた上手くできているのです。

 

「ポリエステル」と「コットン」を組み合わせることで、お互いの欠点を補いあう

「T/Cツイル」は、性質の異なる2つの素材を組み合わせています。

これによって、「片方の素材の欠点をもう片方の素材で補うことができている」のです。

 

たとえば、皆さん経験あると思いますが「コットン」には【洗濯で縮んでしまう】という欠点がありますよね。

手持ちの服を洗濯後、縮んでしまい、苦い思いをしたことが一度はあるはずです。

この「コットンの縮み」について、なんと、ポリエステルのもつ【縮まない】という特性で、補うことができるのです。

そのため、「T/Cツイル」は、限りなく縮みの少ない素材となります。

 

他にも、「ポリエステル」の【硬い質感】を、「コットン」の【柔らかい肌触り】や【優しい風合い】がうまく中和してくれます。

このように、両素材の良いとこどりだけではなく、欠点を補い合うという特徴もあります。

「T/Cツイル」すごいですね…

 

スポンサーリンク

あとがき

ディッキーズの「T/Cツイル」について、まとめておきます。

●ポリエステル65%、綿35%の割合で配合、ツイル縫いされた厚みのある生地
●ポリエステルとコットンの良いとこどり
●ポリエステルとコットンが互いの欠点を補いあう

 

「T/Cツイル」素材自体の機能性の高さが、ディッキーズ製品の高品質を支えているんですね。

今回、生地のすごさを知ることができ、ますますディッキーズを好きになりました♪

皆さんもぜひ、この生地のすごさを体感してみてはいかがでしょうか。

では、良いディッキーズライフを!

タイトルとURLをコピーしました