【カットオフ874】誰でも簡単に!ディッキーズ874のカットオフ方法をご紹介!

スポンサーリンク


ディッキーズ874をそのまま穿くのもいいですが、ちょっとひと手間加えるだけで、874を簡単にリメイクできる方法があるんです。

 

その方法が、今回記事にした「カットオフ」です。

 

自分好みに874をリメイクし、世界にひとつだけの874をつくってみませんか?

 

今回は、ディッキーズ874のカットオフをご紹介します!

 

スポンサーリンク

はじめに、カットオフとはパンツの裾を切り落とすことである

874 カットオフ

 

「カットオフ(CUT OFF)」という言葉には、切り落とすという意味があります。

 

すなわち、ボトムスにおけるカットオフは、“裾(スソ)の部分が切り落とされたパンツ”のことを指しています。

カットオフすることによって、普通のボトムスにはない丈感をつくりだしたり、ヴィンテージ感を漂わせたりすることもできます。

 

一時期、デニムの裾を切り落とした“カットオフデニム”がトレンドにもなり、さまざまなブランドから販売されましたよね。

カットオフによって絶妙な丈感とラフな見た目を演出し、人気を博しました。

 

そして、この裾のカットオフは、プロにお願いするまでもなく、自分で簡単に行うことができます。

自分の好みの長さに合わせ、874の裾をハサミでばっさり切り落とすことで、オリジナルの“カットオフ874”をつくることができるのです!

 

次に、とっても簡単な「カットオフ874」のやり方を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

簡単!すぐに!誰でもできる!カットオフ874のつくり方

 

カットオフ874は、とっても簡単です。

 

用意するものは、“874ワークパンツ”と“ハサミ”だけです。

 

では、手順をみていきましょう。

 

切り落としたい幅の折り目をつける

まずは、切り落とす裾の部分に折り目をつけます。

 

実際に874を穿いてみて、切り落としたい幅の分だけ裾を折り返すのがいいですね。

 

そして、しっかり折って、しっかり折り目をつけましょう。

 

このときに余計なシワをつけないように注意してください。

折り目以外のシワがつくと、裾を切るときに折り目がわかりづらくなるからです。

 

折り目の部分に迷いなくハサミを入れて切る

あとは、折り返した裾を元に戻し、ついた折り目の部分に沿って切るだけです。

 

めちゃくちゃ簡単ですね。

 

ハサミで切るときは、迷わずにスパッと切るのがうまくいくコツです。

ゆっくり切っていくと折り目からずれたり、切り口がガタガタになりやすいです。

 

また、失敗を防ぐためにも、一回で好みの長さにするのではなく、何回かにわけて切るほうが良いかもしれませんね。

 

例えば、874の裾を10㎝切る場合は、まずは5㎝折り目をつけて切り、一度穿いてみる。

そのあとに再び折り目をつけて5㎝切るほうが失敗せずに済みます。

カットオフ874の目的、有効なのはどんなとき?


ただ874の裾を切るだけでは、あとで後悔するかもしれないので、目的をもってカットオフしましょう。

ということで、どういうときに874のカットオフが有効かをみていきます。

 

874の裾が長いとき

874は股上が深く、スタンダードのレングス32(股下80㎝)だと、普通に穿いてもかなり裾が長くなります。

ましてや腰穿きするとなると、裾が邪魔になるほど長いです。

裾直しをしてもらうのもいいけれど、お金もかかるしできることなら避けたいですよね。

 

そんなときは、自分で874をカットオフして穿きましょう。

 

裾が長い874をそのまま穿くよりも、カットオフ874を穿いているほうが、“こなれ感”もあっておしゃれです。

 

874の裾がボロボロになったとき

これは、874を愛用するスケーターがよくやっていました。

愛用している874の裾がボロボロになってしまったら、思い切ってカットオフしましょう。

 

長年愛用し、生地に味が出てきた874にはカットオフが映えます。

新たに生まれ変わるでしょう。

 

874をクロップドパンツ風に穿きたいとき

874の裾をばっさり切り落とすことで、ショーツにすることもできます。

おすすめなのがクロップドパンツ風の7分丈です。

 

動きやすさと穿きやすさを兼ね備えているので、爽快感抜群です。

 

あとがき


人とは違った穿き方を模索している人にもおすすめです。

 

ディッキーズ874のカットオフは、とっても簡単に誰でもできるので、ぜひ試してみてください!

カットオフでつくる、あなただけの874

 

 

タイトルとURLをコピーしました