ディッキーズハーフパンツの違いは?「42283」と「US42283」を比較

スポンサーリンク


ライブハウスやフェスなどでよく見かける、カラフルなハーフパンツ。

その正体は、ご存知の通り「ディッキ」という愛称で親しまれているハーフパンツ、“ディッキーズのワークショーツ”です。

もはやライブやフェス参戦時のユニフォームと化していますよね。

 

そんなディッキーズのワークショーツ(ハーフパンツ)ですが、実は874ワークパンツ同様に、インポート企画と日本企画の2つ種類があり、若干つくりが違っています。

【ディッキーズ874とWD874】インポート企画と日本企画の特徴や違いを比較
  ディッキーズの「874」と「WD874」の違いって何? 「インポート企画」と「日本企...

 

今回は、その違いを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

ディッキーズのハーフパンツ「42283」と「US42283」の違い、それぞれの特徴について

 

ライブやフェスでおなじみのハーフパンツは、インポート企画の「42283」と日本企画の「US42283」の2種類にわかれます。

どちらも、生地の素材はTCツイルを使用した頑丈な生地ですが、シルエットなどのつくりが違っています。

「T/Cツイル」素材とは?ディッキーズの揺るがぬ高品質の秘密
ディッキーズ製品の機能性といえば、もはや説明不要の域ですが、この揺るぎない高品質を支えているのは「T/Cツイル」という素材です。 これはワークパン...

 

いったいどう違うんでしょうか?

 

「42283」はシルエットが特徴、インポート企画のハーフパンツ


42283

 

まずは、インポート企画である「42283」ワークショーツについて。

「LIVE行こうぜ!!」のキャッチコピー通り、ライブやフェスで穿かれているディッキーズのハーフパンツは、ほとんどがこの「42283」です。

 

実は日本でもっとも売れているディッキーズのアイテムが定番の「874ワークパンツ」なのですが、それと同じくらい「42283ワークショーツ」も日本では人気があります。

大人気のディッキーズインポートアイテムですね。

 

「42283」はルーズシルエット

そんな「42283」ワークショーツの大きな特徴は、とにかくルーズシルエットだということ。

この、腰裏周りの“Loose Fit”というプリントを見てもわかる通りです。↓

 

「42283」は股上が深く裾幅も広いので、同じくインポート企画である874ワークパンツと同じようなつくりとなっています。

もしかしたら裾の広がり具合は、874よりも「42283」のほうが広いかもしれません。とにかく大きいです。

 

これは昔、私が「42283」を穿いていた時の写真ですが、裾がかなり広くなっているのがわかります。↓

 

脚がもう一本入りそうですね(笑)

パンツのシルエットが大きいので、脚が細く見えて良いかもしれません。

「42283」を穿いていると、ライブ観戦時に熱くなって騒いでも、ゆとりがあるので動きやすいですね。

極太!ディッキーズの「ルーズフィットLoose Fit」シリーズ2種

 

「US42283」は細身かつ斬新デザインが特徴、日本企画のハーフパンツ


US42283

 

続いては、日本企画である「US42283」ワークショーツです。

型名に「US」とついていますが、こちらはインポートではなく日本企画のハーフパンツなので、ややこしいですね。

 

この「US42283」は、先ほど紹介したインポート企画のハーフパンツ「42283」よりも、一回り小さく、すっきりしたシルエットが特徴です。

「42283」と比較し、股上が浅く、裾幅も若干細めなつくりになっています。

ライブやフェスのとき以外にも、日常の普段使いで穿きやすいサイズ感のシルエットです。

 

腰裏周りのプリントは、日本企画のワークパンツと同じですね。

ディッキーズ ハーフパンツ

 

また「US42283」は、生地に関して、同じ日本企画のWD874ワークパンツなどと同様に、インポート企画の生地よりも上質な仕上がりになっています。

【ディッキーズの種類は?】WD874など日本企画のワークパンツ特集!
ディッキーズのワークパンツは定番の「874」だけでなく、多くの種類があります。 今回は、その中でも特に、日本で生まれた型番である「WDシリーズ」のワークパンツを紹介していきます。 ...

 

素材は同じですが、生地の肌触りが良くなっていて、インポート生地に特有の粗さ(あらさ)がありません。

日本企画ならではの生地の良さです。

 

「US42283」には独自のカラーがある

そして「US42283」といえば、「42283」とは違ったカラーや斬新なデザインでアイテム展開されているのが大きな特徴。

 

例えば、この、“US42283型クレイジーパターンワークショーツ

 

面ごとにカラーが変化していて、インパクトあるデザインになっていますね。これは「US42283」限定です。

 

私も、このクレイジーパターンUS42283を持っていますが、おしゃれでカッコいいです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YA わいえー(@ya_shikokumin)がシェアした投稿 -

 

デザインが個性的なので、穿く前は大丈夫かなぁとか思うんですけど、穿いてみたら意外とどんなスタイルにも馴染みます。

 

スポンサーリンク

あとがき

 

股上が深く裾幅が広い、ルーズシルエットがインポート企画の「42283」。

股上が浅く裾幅も若干細いのが、日本企画の「US42283」。

 

どちらもおすすめなので、お好みでお選びください!

では、良いディッキーズライフを!

 

公式サイトよりも安い!すぐ届く!42283型ワークショーツはAmazonで!




↓こちらも合わせてチェック

【ディッキ】ライブの定番!ハーフパンツのサイズ選びを解説!
ライブやフェスでの定番といえば、ディッキーズのハーフパンツですよね! こいらは正式には42283という型番ですが、通称「ディッキ」という呼び名で広く浸透し...
フェスやライブに!ディッキーズ「ハーフパンツ」おすすめ原色8選!
ご存知「ディッキ」という愛称で親しまれているハーフパンツ、ディッキーズの「42283」ワークショーツ。 このハーフパンツは、ライブやフェス、イベント参戦時の定番着として有...
ディッキーズのサコッシュ大流行!野外フェスやライブに便利なミニショルダーバッグ
 最近、流行りのファッションアイテムに「サコッシュ」という聞き慣れない言葉のアイテムがありますね。 サコッシュとは簡単に言えば、肩掛けのバッグ、ショルダーバッグのことです。 細かい定義は...
タイトルとURLをコピーしました