ディッキーズ古着の「ヴィンテージ品」と「現行品」の違いとは?

スポンサーリンク


今、ディッキーズのアイテムは、取り扱っている店舗が全国にあったり、ネットで手軽に買うこともできるので、広く浸透していますよね。

たとえば「874」を穿いて街に出れば、同じものを穿いてる人をそこかしこに見かけることがあります。

ときには色まで同じで、丸被りするなんてこともあると思います。

 

気にならない人は良いかもしれませんが、やはり自分の着ている服が他人とかぶることには、少なからず抵抗をもちますよね。

でも、ディッキーズの現行品はみんなも同じように入手できるので、なかなか個性を出すのは難しいし。。


そんな今だからこそ、現行品との違いが一目瞭然なヴィンテージ品には価値があります。

ディッキーズが好きで、人とは違う格好がしたい。そう思う人にはおすすめです。

 

では、ディッキーズの「ヴィンテージ品」「現行品」はどのような違いがあるのでしょうか?


今回お話ししていきます。

 

 

スポンサーリンク

ディッキーズの「ヴィンテージ品」と「現行品」の違いは?


まず、ディッキーズのブランドは、1920年代からスタートしました。

歴史の長いブランドだからこそ、生産されたそれぞれの年代によって様々な姿を持ったヴィンテージ品に出合うことができます。

 

それは、現行品ではお目にかかれないようなものばかりです。

 

ディッキースのヴィンテージ品は主に、カラー、ディテール、素材の3つが現行品と異なる部分となっています。

 

詳しく見ていきましょう。

 

ディッキーズは、年代によって「カラー」が違っている


ディッキーズの現行品と比較したヴィンテージ品の「カラー」の違いには、2種類があります。

 

それは、「色味」「今は存在しないカラー」の2種です。

 

ヴィンテージ品は、現行品と色味が違う

たとえば「874」の現行品は16種類以上のカラーで展開されていますが、ヴィンテージ品となると、同じカラーでも微妙に色味が違っています

 

色味の違いについて、ディッキーズの代表的なカラーである「カーキ」をみてみます。


Dickies(ディッキーズ) ワークパンツ 874 カーキ

カーキは、ディッキーズ史上もっとも古いカラーとなっており、なんと1923年からカーキパンツは作られていました。

現在これを書いているのが2020年なので、およそ100年近くもカーキカラーが作られていることになります。

そうなれば、1923年当時と2020年現在のカーキを比べてみると、同じカラーでもやはり色味の違いは生まれてくるでしょう。

 

それは100年前と今での製法や染料の違いであったり、製品自体の経年変化によるものであったり、様々な要因によるものです。

色味の違いはカーキのみに限らず、現行の16種類すべてに当てはまります。

 

 

ヴィンテージ品には、今は存在しないカラーがある

ディッキーズのヴィンテージ品には、現在は作られていないカラーのものもあります。

これについては私もほとんどお目にかかったことがないので、「こんな色がある」とかははっきりと言えません。

 

ただ、聞いたところによれば、たとえば874ワークパンツには過去にレンガ色というのが存在していたようです。

レンガ色は発色が特徴的なカラーで、当時でも珍しいカラーだったそう。

 

このほかにもきっと、私たちが知らないディッキーズのカラーがたくさんあると思います。

現行品では考えられないようなカラーを探し当てるというのが、ヴィンテージ品の楽しみでもありますね。

 

 

ディッキーズは、年代によって「ディテール」が違っている


年代によって色味が変わっているように、見た目のディテールも変化しています。

ヴィンテージ品の見た目でわかりやすいもので言うとするなら、ブランドロゴのタグが当てはまるでしょう。

 

たとえば、こちらの「874」のバックポケット上部についているタグの比較写真を見てください。

 

上が現行品のタグ下がヴィンテージ品のタグとなっています。

これは私が実際に古着屋で見つけた品なのですが、タグの取り付けかたやロゴの雰囲気など、違いがはっきりとわかりますよね。

 

他にも股下の長さとか裾の幅とかも年代によって違いがあります。

 

 

ヴィンテージ品には現行品にはない「素材」や「モデル」がある

ヴィンテージ品で現在では作られていない「素材」と遭遇することがあります。

 

たとえば下の写真のディッキーズ。

生地に使われているのが、ポリエステル50%、コットン50%となっています。

この紙タグからもわかる通り、年代的にはかなり古いものです。

 

現在ディッキーズ874のスタンダードになっている素材の配合はポリエステル65%、コットン35%なので、現在とは違っていますよね

「T/Cツイル」素材とは?ディッキーズの揺るがぬ高品質の秘密

 

写真のものとは別に、ヴィンテージ品でポリエステル100%のものも見たことがあります。ヴィンテージ品はこのように、現行品とは素材が違うものがあるのです。

 

また、現行品にはない「モデル」については、ディッキーズの「ジーンズライン」であったり、「コーデュロイ」だったりがあります。

パンツ以外でも、ディッキーズが第二次世界大戦中にアメリカ軍の制服で使用されていたという背景もあり、アーミーシャツなどのアイテムが存在しています。

 

 

スポンサーリンク

あとがき


今回記したディッキーズのヴィンテージ品と現行品の違いについてまとめます。

・ヴィンテージには現行品との色味の違いや、現在作られていないカラーがある。

・タグや股下の長さ、裾幅などのディテールが違っている。

・ヴィンテージには現在作られていない素材やモデルがある。

以上です。

ヴィンテージ品って現代にはない一点ものという感じがするので、私は古着屋を見かけるとついディッキーズがないかを探してしまいます。自分しかもっていないような唯一無二のものが欲しいんですよね。

ディッキーズを着たいけど人と被るのが嫌だったり、個性を出したいという人は、ぜひヴィンテージを着てみてはいかがでしょうか。

 

では、良きディッキーズライフを!


 

タイトルとURLをコピーしました