Dickies874を買うなら

カラー豊富で返品ができる
値段も手頃でクーポンもある

874を見る

「ディッキーズ874が似合わない…」2つの理由!穿きこなしで失敗しない方法

スポンサーリンク

 

「ディッキーズ874」を穿いてみたら思ってたのと違う…

このような経験ありませんか?!

874は定番のワークパンツでありながら、意外と穿きこなしが難しいですよね

穿いたときの見た目に違和感があり「似合わない」というのは非常に由々しき問題です。

そこで今回は、874の穿きこなしで失敗しないために

●874が似合わない「2つの大きな理由
●874が「似合う人」の特徴

をお話します!

 

スポンサーリンク

「ディッキーズ874」穿きこなし失敗、似合ってない2つの大きな原因

ディッキーズ874が似合わない大きな理由は2つ。

それは、「サイズ感が悪い」と「合わせ方が悪い」です。

この両方もしくはどちらかによって、874を穿いたとき「似合ってない」という事態が起こってしまいます…。

では、詳しく見ていきましょう。

 

874の「サイズ感」が悪くて似合わない

「874のサイズ感が悪い」とはどういうことか?

それは、「サイズが合っていない」ということです。

 

874のサイズが「大きすぎ」、生地の片寄りやふくらみがアンバランス

874は、サイズを上げてゆったり太く「着崩して穿く」のが主流になっていますよね。

太く穿くことで、リラックス感やストリートテイストを演出できるのが魅力です。

ただ、874のサイズを上げすぎてしまうと、「崩れすぎてアンバランスな印象になってしまう場合もあります。

 

たとえば、普段30インチを穿いてる人が、少し上げて「32・33インチ」を選ぶのは良いと思います。

でも、サイズが飛んで「38・40インチ」を選ぶと、身長や体型が伴っていなければ、不格好になってしまうでしょう。

普段のパンツでは大幅なサイズアップをしないけれど、874になると「大きく穿くのがいい」と思い、平気で8サイズも上げて穿く人もいるので、注意が必要です。

 

また、大きいサイズは当然のことですが「ウエストが大きい」です。

ぶかぶかウエストでも、ベルトで締めれば穿けはするものの、生地が片寄って大きなシワになったり、ふくらんだりします。

これらが見た目を悪くしている可能性もあります。

 

874の「レングス(股下)が長すぎ」不自然な印象、ロールアップが逆効果

874のレングス(股下)が長いと、穿いたときに裾の部分が長くなってしまいますよね。

パンツの裾が長いまま穿いていると、地面に引きずって裾を踏んでしまったり、裾にたるみ(クッション)が出たりします。

この度合いが少しであればカッコいいのですが、あまりにもレングスが長すぎると野暮ったく見えすぎてスッキリしません。

 

長く余ったレングスに対応するため、874では裾を折り返す「ロールアップ」という穿き方が定番です。

本来であればこれが「おしゃれな演出」なのですが、足の長さに対してレングスが長すぎてしまうと、逆効果になる場合も…。

なぜなら、ロールアップで折り返す生地の部分が多くなるため、不自然な幅だったり、不自然な厚みが出たりしてしまうからです

 

スポンサーリンク

874の「合わせ方」に違和感があって似合わない

続いて、874の「合わせ方」が悪いため、似合ってない場合について。

詳しく見ていきましょう。

 

874とトップスの生地感や系統の組み合わせが合ってない

874に合わせているトップスのせいで、全体的に似合わなくなっている可能性もあります。

本来874は安価な作業着のため、粗いつくりや生地、シンプルなシルエットが特徴です。

そのため、粗さのない上質な生地のかっちりしたテーラードジャケットや、ニットなんかの「キレイめな服」は合わせづらさがあります。

トップスに持ってきた「生地感」や「系統」が874と噛み合っていないと、似合わない原因となります。

 

攻めた色使いや柄を着ていて、874と合ってない

874はカラーが豊富なので「好きな色をファッションに取り入れやすい」のが特徴ですよね。

中にはリンカーングリーンやマルーンなど、他にはないちょっと「珍しい色味」のものもあります。

こうしたカラーの874を選んだ場合は、ベーシックで控え目な、あまり主張をしないタイプのトップスを持ってくると着こなしやすいです。

しかし、色味のある874に攻めたトップスを着てしまい、ちぐはぐな雰囲気になっている場合もあります。

おしゃれとダサいは紙一重」とは言いますが、使いこなせないものを選んでの冒険はやめた方がいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

ディッキーズ874が「似合う人」になるためにやること

 

前述した874が似合わない原因を踏まえると、「874が似合う人」は以下のような特徴があります。

●サイズアップは「+1~3サイズ」にとどめている
レングスが身長に合っている
●874とトップスの組み合わせが噛み合っている

 

874のサイズアップは「+1~3サイズ」にとどめておく

874をジャストサイズで穿く分には、そのままでいいです。

ただ、太くゆったり穿きたい場合は、+1~3サイズにとどめておくといいでしょう。

そうすることで、「生地の片寄りやふくらみを抑えて穿くことができるから」です。

 

より太く穿きたい場合は、「ダブルニーワークパンツ」がおすすめ

+1~3サイズ以上の大きさで、太く穿きたいのであれば、同じくディッキーズのダブルニーワークパンツがおすすめ。

これは、ディッキーズのワークパンツの中で最も太いつくりになっているため、わざわざ「サイズを上げて太くする必要がない」からです。

パンツ自体が874よりも太いので、ちょうどのウエストでもしっかり太く穿くことができます。

ディッキーズのダブルニーとは?ディッキーズ史上最も太いパンツを解説!
ディッキーズには「ダブルニー」と呼ばれるタイプのワークパンツがあります。 ●このダブルニーとはいったい何な...

 

 

レングスは身長に合ったサイズで対応、レングス30が無難

874のレングスは、「身長」や「どう穿くか」によってサイズを変えられるのが特徴。

874の穿きこなしが上手な人は、この「レングスサイズを適切に選べている人」が多いです。

 

とはいっても、「どのサイズが適切なのか?」悩んでしまいますよね。

穿き方によっても変わりますが、悩んだときは「レングス30」を買うのが無難かもしれません。

いちばん汎用性が高く、どの身長の人でも穿きこなせるサイズだからです。

ただ、身長180㎝近い人は「レングス32」がおすすめ。

レングス32は相当長いですが、身長180㎝あれば問題ないでしょう。

【ディッキーズ874レングス選び】身長別、おすすめのレングスサイズをご紹介!
ディッキーズの「874ワークパンツ」を購入するとき、迷ってしまう項目が"レングス"ですよね。 874のレングスは、...

 

874とトップスの生地感・系統・色の組み合わせが噛み合っている

上質な生地感・キレイめの服」は、874に合わないと前述しました。

逆に、874と相性抜群だと思うのは「Tシャツ」や「スウェット素材」「ナイロン素材」などの服です。

かっちりしすぎない系統で選べば、問題なく合わせることができるでしょう。

【874に合うTシャツ!】ディッキーズのロンT「WL450」紹介!カラバリ豊富な肉厚T
「ディッキーズのロンTがめっちゃいい感じ!」っていう噂を耳にしたんですよね。 気になったので、試しに噂の「WL45...

 

874とトップスの色の組み合わせに注意

珍しい色味の874を穿く際は、他のアイテムを落ち着いたもので構成すれば、ちぐはぐにはなりません。

たとえば、トップスとスニーカーを「黒や白で統一」し、まとまりを出すなど工夫すれば、合わせやすいです。

「ディッキーズに合う靴は?」私の答えは「VANS」でオールドスクール
「ディッキーズに合う靴は何か?」という議論が、数多のお洒落人によって交わされていますが、いまだにはっきりとした答えは出て...

 

また、どんなトップスとも合わせやすい874のカラーは、ブラックやダークネイビー、カーキ、チャコールなどです。

ややこしい「ディッキーズ874」のカラー8種を解説!「カーキ」は「ベージュ」のこと?
ディッキーズの「カラー名」って独特でわかりづらいですよね… たとえば874を選ぶとき、商品写真は「ベージュ」に見え...

 

初めて874を買う場合は、「まずは合わせやすい色から始めてみる」のがいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

あとがき

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

874の穿きこなしで失敗しないために、以下のことを注意しておいてください。

サイズが大きすぎないか
⇒(太く穿く場合は「ダブルニー」で対応)
レングスサイズは適切か
⇒(悩んだら「レングス30」が無難)
トップスの生地感・系統・色の組み合わせに注意
⇒(スウェットやナイロン相性◎、ブラックやカーキは合わせやすい)

以上です!

 

874は本当にカッコいいパンツなので、色違い・サイズ違いで何着も欲しくなりますよね。

ぜひ上手く穿きこなしていろいろ遊んでみましょう♪

では、良いディッキーズライフを!

タイトルとURLをコピーしました