ディッキーズ好き必見!広島の古着屋『KING PIN』がすごい

スポンサーリンク


古着との出会いは運命ですよね。

私はディッキーズのワークパンツがとくに好きなので、ワークパンツとの出会いを求めてよく古着屋へ行きます。

とはいってもディッキーズはお手頃な値段のものが多いので、古着屋以外のお店へ新品を買いに行ってもいいのですが、それでも私が古着屋へ行く理由があります。

それは、様々な巡り合わせがあるからです。

現行品には無い、ヴィンテージや知らない型番のものなどの巡り合わせがあるので、私は古着屋へディッキーズを買いに行きます。

先日は広島市内を徘徊しているときに、「あ、なんか服屋がある」と何となく見かけたKING PINという古着屋へふらっと立ち寄ってみました。

するとそこは、私が今まで訪れた古着屋の中でも一番といっていいほど、ディッキーズの品揃えがとんでもなく充実していて感動したので、今回記事にしました。

ディッキーズが好きなら絶対行くべきです!

 

スポンサーリンク

広島市内の古着屋『KING PIN』へ行ってきました

古着屋『KING PIN』の場所や営業時間について


『KING PIN』は、広島市中区の袋町という場所にお店を構えています。

広島パルコの近くでもあるこの袋町周辺は、ファッション・雑貨系のお店がとくに充実したエリアのようです。

周辺には様々なブランドのショップやセレクトショップ、古着屋が軒を連ねています。

 

このエリアの一角に、今回立ち寄った古着屋『KING PIN』がありました。


木製の三角看板がお店の目印です。

営業時間は11:00~20:00となっていて、定休日は特に決まっていないようですね。

 

『KING PIN』はディッキーズの品揃えがすごい


普通の古着屋だと、パンツのコーナーにいろんなブランドのものがかためて置いてあって、そこをかき分けてあさっていると、ディッキーズがちらほら見つかるような感じだと思います。

ですが、『KING PIN』はお店のパンツの中でディッキーズの占める割合が高く、品揃えがすごかったです。

こちらが棚の写真↓

 

一番下の段以外はすべてディッキーズのワークパンツとなっています。

もはやディキーズのコーナーが出来上がっていました。

 

商品を手に取ってみると、今ではもうお目にかかれない型のワークパンツも見つかります↓

 

 

ディッキーズのユーズドのみならず、「デッドストック」が大量にある


また、すごいのは品揃えだけではありません。

『KING PIN』の豊富なディッキーズの商品の中身は、単なるユーズドの古着のみならず、新品状態のまま残っている古着、いわゆる「デッドストック」も大量に扱っています。

私がいままでに訪れたお店の中では、断トツでデッドストックの数が多く、状態も良かったです

 

たとえばこちら。

 

古着でありながらも生産当時のまま付けられた「紙タグ」や「フラッシャータグ」がそのままの状態で残っています。

これがデッドストックの証明であり、まるで過去からワークパンツがタイムスリップしてきたかのようです。

私はちょうどサイズもあったので、1着購入。タグはコレクションしています。

本当にいい巡り合わせでした。

 

 

スポンサーリンク

あとがき


お店で働くスタッフの方々もいい人が多く、今回掲載した写真も快く撮影の許可を頂けました。

またディッキーズ以外にも素敵な商品がたくさんあります。

 

ぜひ、広島の古着屋『KING PIN』をチェックしてみてください。

Instagram (@kingpin_hiroshima)

Twitter (@king_pin_m_m)

 

では、良い古着との出会いを!

ディッキーズ【Dickies】874ワークパンツ

タイトルとURLをコピーしました