【簡単】お気に入りの服を長く着るために私が実践する洗濯方法をご紹介!

服を着用した後に避けて通れないことは「洗濯」ですよね。

特にお気に入りの服を洗濯するときは、色落ちするんじゃないかとか、生地が傷むんじゃないかとか色々と心配になります。

そこで今回は、生地の傷みや色落ちをできるだけ抑え、お気に入りの服を少しでも長く着られるように洗濯方法をご紹介します!

効果あります。

簡単!衣類を傷めず洗えるおすすめの洗濯方法

基本的に衣類は洗濯のたびに生地が傷んでいくものです。

それはどんな服でも同じ。

そうは言っても生地の傷みを最小限にし、毛羽立ち等を少しでも防ぎたいですよね。

私は以下の手順を実践しています。

生地を裏返す

まずは、洗濯の際に表面の生地を傷めないよう服を裏返しましょう!

裏地なら多少傷んでもわかりませんよね。

また、皮脂などの汚れは服の表面ではなく裏側につくものです。

皮脂をしっかり落とさないと黄ばみやカビの原因にもなり、服の寿命を縮めることになります。

「洗濯物を裏返してると怒られちゃう」という人も

服のためです。

どんどん裏返しましょう。

洗濯ネットに入れる

次に、「洗濯ネット 」があればそれに裏返した衣類を入れましょう!

洗濯ネットを使うことで、

・生地の傷みを防ぐ

・ホックやファスナーが他の衣類を傷つけるのを防ぐ

・ごみやほこりが付着しない

・色移りしない

などなどメリットがたくさんあります!

値段もお手軽なのがいいですね。

ドライ(手洗い)コース+おしゃれ着用洗剤で洗う

後は洗濯するだけ!

ここまですれば普通に洗濯してもいいですが、

もし洗濯機に「ドライ(手洗い)コース」があるならそれを使いましょう。

このコースは洗濯機の機種により表記は変わりますが、弱い水流で洗い、脱水時間も短いなど衣類にやさしいコースです。

さらにこの時に通常の洗剤ではなく、色落ちや型くずれを防ぐ成分入りの「おしゃれ着用洗剤」なるものを使えばより効果的!

我が家ではエマールを使用しています。

ドライコースとエマールの組み合わせで洗った洗濯物は、生地が生まれ変わるような良さがあります!

心配だった洗濯による生地の傷みもありません。

ちなみに洗い終わった洗濯物は、服表面が紫外線で劣化するのを防ぐために裏返しのまま干した方がいいです。

以上がお気に入りの衣類を長く着るための洗濯方法です!

まとめ

今までの手順をまとめると、

①衣類を裏返す

②裏返した衣類を洗濯ネットに入れる

③ドライ(手洗い)コース+おしゃれ着用洗剤で洗う

④干すときは裏返しのまま

こんな感じです。

皆さんもぜひ実践してみてください!

では、読んでいただきありがとうございました!


パナソニック ドラム式洗濯乾燥機 ピンクゴールド

DAEWOO 3.0kg ドラム式洗濯機 ブルー DW-D30A-B DW-D30A-B

読んでくださりありがとうございます♪

この記事を友達と共有する↓