【激うま】徳島県西部の秘境、祖谷地方で愛されている「祖谷そば」とは。

四国のグルメといえば、香川県の「うどん」が全国的にみても圧倒的な知名度をほこっている。

うどんはすっかり名も売れてしまったので、ここを通して皆様にうどん以外の四国を知ってもらうためには、よりアンダーグラウンドなグルメや麺を紹介しなければならない。

今回は四国、徳島県西部の秘境で愛されているとある麺をご紹介します。

徳島県西部祖谷地方のグルメ「祖谷そば」

徳島県西部の山奥、三好市祖谷(いや)地方

ここの地元民にこよなく愛され、打倒讃岐うどんを掲げる麺があります。
その名は「祖谷そば」
祖谷そば

打倒、讃岐うどんというのは私の勝手な妄想ですが、祖谷そばは四国を背負うことができる麺だと思っています。

「祖谷そば」の特徴

特徴は、麺が太く短いことです。

ふつうの蕎麦は麺をすすって食べるのが一般的ですが、祖谷そばは短いためすすれません。

丼飯のようにかき込むスタイルでいただきます。

なぜ麺が短いのかというと蕎麦のつなぎである小麦粉などをほとんど使っていないからですね。

そのため切れやすくなっているものの、蕎麦粉の割合が大きいため蕎麦を食べている感がすごいです。

蕎麦好きにはたまらない。

おいしい。

食べ方はいりこだしのかけそばが主流です。

家庭で作ることも多く、徳島県西部では毎年冬になると祖谷そばをつくってご近所さんに配ったりもします。

祖谷地方のそば事情

徳島県三好市の祖谷地方は、昼と夜の温度差が激しく、そばの栽培に適していたのでに良質な産地になったようです。

この辺りではそばを麺として食す以外にも別の食べ方もしています。

それは「そば米」です。

そば米とは、そばの実を塩ゆでして、殻をむき、乾燥させたものです。

そば米をつかった「そば米雑炊」という料理が徳島県西部では一般的な家庭料理として親しまれています。

給食なんかでも出てくるみたいですが、そばの実を食べる風習は珍しいですよね。

私も食べたことありますが、プチっとした食感がくせになり、味もあっさりしていておいしいです。

終わりに

徳島県西部グルメ「祖谷そば」や「そば米雑炊」、とてもおいしいですので訪れる機会があれば是非食してみてください。

では、ありがとうございました!

読んでくださりありがとうございます♪

この記事を友達と共有する↓