しこしこおいしい四国香川県のうどん!

ぱすた、らーめん、そば、うどん…

世の中には実に多様な麺類が存在している。

特にその中でも四国の名産で今や全国的な知名度となった麺がある

それは香川県、讃岐うどん」である。

うどん

香川県のうどんへの愛は尋常ではない。

県庁や観光協会はうどんに乗っ取られているため、自らの県を「うどん県」と呼び、公式にPR活動を行っている。

また、年末には日本の多くの家庭で年越しそばを食すが、香川県では年越しうどんを食すという常識を覆すような風習があり、うどんに感謝しながら年を越すのである。

うどんは県民のライフラインであり、欠かすことはできない。

肝心なのは味であるが、これは本当においしい。

びっくりするほどおいしい。

そして安い。

200円以下で食べられる店もある。

私は香川県に住んでいた時期もあるが、昼にはよく、うどん屋巡りをしていた。

不思議と飽きないのである。

有名な店もいくつかあるが、これから香川県を訪れるという方は特に店にこだわらなくていい。

香川県で営業している店は基本的にどこもおいしかった。

とにかく讃岐うどんを食べて頂きたい。

ところで、讃岐うどんと言えば、しこしことした食感が特徴なのをご存じだろうか。

この「しこしこ」をみて

「聞き慣れないなぁ。」

とか

「どういう意味なんだ。」

とか

「卑猥だ。」

とか様々なことを思うでしょう。

しこしこという言葉を聞き慣れず、意味がわからないという純粋な方のために解説しよう。

しこしことは
① 弾力があって,かむと歯ごたえのあるさま。 「 -(と)した歯ざわり」
② 持続的に,地道にするさま。 「 -(と)書きためた原稿」

引用:しこしことは-Weblio辞書

四国の人はよくしこしこを使う。

讃岐うどんを食べて、

「麺が しこしこ しとっておいしい。」と言う。

(訳)「麺のコシが強く、弾力や歯ごたえもありおいしい。」

うどんを食べるたびに言う。

最近は市販の讃岐うどんも随分おいしくなっている。

自宅で作る時は麺の茹で加減が肝心。

しこしこを味わいたいのに茹ですぎてしまい、べちゃべちゃの麺を食すことがよくある。

まあおいしいからいいけども。

皆さんも

ぜひしこしこを体感してみてください。

【Amazon.co.jp限定】岡坂商店 本場讃岐うどん「二番」(半生うどん)おためしセット[amazon限定お試しセット]約6-9食分(※表示価格は1000円ですが、レジ画面にて999円となります。また3個以上まとめ買いでお得になります!)
【Amazon.co.jp限定】岡坂商店 本場讃岐うどん「二番」(半生うどん)おためしセット[amazon限定お試しセット]約6-9食分(※表示価格は1000円ですが、レジ画面にて999円となります。また3個以上まとめ買いでお得になります!)

読んでくださりありがとうございます♪

この記事を友達と共有する↓