うどんだけじゃなかった香川県のグルメ べえすけ

こんにちは。

香川県のグルメといえば「うどん」ですが、瀬戸内海に面している香川県は、豊富な海産物も獲ることができるので、うどん以外にもおいしグルメはたくさんあります。

また、この瀬戸内海は、季節によって大きく水温が変わるため、季節ごとに魚が入れ替わり四季を通じて多くの魚を味わうことができます。

今回は、瀬戸内海の海の幸をつかった香川県のグルメを少しだけご紹介します。

①べえすけ

なにやら聞きなれない名ですね。

人名っぽいので海の幸感はありませんが、実は皆さんもよく知っているある魚のことです。

それは「アナゴ」です。

棒寿司

香川県では瀬戸内海で獲れた大きくて太いアナゴのことを特別にべえすけと呼びます。

べえすけをお寿司にするのが有名です。

普通のアナゴと比べて脂が多く、歯ごたえが強いのが特徴で食べごたえも抜群です。

べえすけ寿司のほかにも、べえすけ鍋も地元人には人気です。

アナゴ 香川県 べえすけ

写真の鍋は、創業150年の老舗「天勝 本店」でいただくことができます。

1階の店内中央には大きな生簀(いけす)があり、魚を眺めながら食事ができます。

天勝本店(てんかつ) 食べログ

香川県を訪れた際は是非。

②カンカン寿司

こちらも変わった名前です。

これは、瀬戸内海で春と秋にとれる鰆(サワラ)をつかったお寿司です。

名前の由来は、作る工程の木枠に詰めてくさびで締め上げる時に木槌で叩く「カンカン」という音からだそう。

専用の大きな木枠で仕込むなど手間暇がかかるため、今ではほとんど食べる機会がなくなっている幻の郷土料理です。

カンカン寿司

カンカン寿司は、「まいまい亭」でいただくことができます。
お寿司のほかにも多くの海鮮メニューと、料理に合う地酒やワインなどが味わえます。

まいまい亭

他にもまだまだ、おいしいものはたくさんあります。

香川県に訪れた際は、うどんだけではなく、他のグルメも是非堪能してみてください。

読んでくださりありがとうございます♪

この記事を友達と共有する↓