見た目から暖かい!寒い冬は「ディッキーズ874」の暖色がおすすめ!

スポンサーリンク

 

「見た目の暖かさ」って大事ですよね。

 

寒い冬に上下の「あったかインナー」とニットやセーターを着こみ、分厚いアウターでばっちり防寒してるのに、まだ寒いとき。

装備としての「機能的な暖かさ」は完璧なはずのに、何が足りないんでしょう。

 

足りないもの、それはきっと暖色なんですよね。

 

 

スポンサーリンク

寒い冬は「ディッキーズ874」の暖色(ウォームカラー)がおすすめ!

 

ご存知の通り、「暖色」(別名ウォームカラー)とは、あたたかさを感じる色味のことです。

代表的なものを挙げてみると、「赤」とか「黄」が暖色に分類されます。

 

反対に「寒色」と呼ばれているのが「青」とか「紫」で、こちらは冷たさを感じる色ですね。

 

視覚で直感的に感じてほしいのですが、寒い寒いを比べてみたときに、字面としてはどちらも同じ「寒い」なのに寒いのほうがより寒く感じませんか。

逆に寒いのほうは、視覚的にあたたかみがあるように感じられ、「寒い」が和らいでいく印象を受けませんか。

 

そろそろ「寒い」がゲシュタルト崩壊してきたのでこれ以上はやめておきます。。

 

このあたたかいという「視覚効果」が暖色の特性です。

 

 

冬は「ディッキーズ874」の暖色を取り入れて暖かくなろう!

ディッキーズの「874」ワークパンツはカラーバリエーションが豊富です。

豊富すぎて私も把握できていません。

掲載されているページを見てもパッと見じゃわからないくらい色の種類があるので、正確に数えられない私の代わりに、だれか数を教えて欲しいです。

(ディッキーズ)Dickies 【公式】874ワークパンツ 874

 

その豊富な色の中から冬はとくに暖色を選んで穿いて、「見た目の暖かさ」を獲得してしまいましょう。

 

 

見た目の暖かさ重視!874の暖色を3種紹介!

イングリッシュレッド

イングリッシュレッド
引用:(ディッキーズ)Dickies 【公式】874ワークパンツ 874

 

まずはこれ、暖色の中の暖色。

キングオブ暖色として君臨している「レッド」です。

こちらの「イングリッシュレッド」は、原色よりは若干暗い色合いとなっています。

 

だがしかし見ればわかる、泣く子も黙るあたたかい色合いです。

穿いているだけで見た目の視覚効果によって体感温度が2~3℃上がりそうですね。

 

 

マルーン

マルーン
引用:(ディッキーズ)Dickies 【公式】874ワークパンツ 874

 

派手なレッド系を穿くのはちょっと躊躇するという人には、落ち着いた色合いの「マルーン」がおすすめ。

マルーンは簡単に言うと「赤紫」や「暗い赤」みたいな色です。

 

赤の色合いに黒が混じる分、こちらのほうが穿きやすくなりますね。

 

 

ダークブラウン

ダークブラウン
引用:(ディッキーズ)Dickies 【公式】874ワークパンツ 874

 

こちらもレッドより落ち着いた色合いの「ダークブラウン」です。

今回の3種の中ではいちばんなじみ深く、穿きやすい色ではないでしょうか。

 

秋冬の色としても人気が高いですよね。

 

ディッキーズのダークブラウンには独特の渋みがあるので、おもしろいです。

 

 

スポンサーリンク

あとがき

 

冬にはディッキーズ874の暖色を取り入れて、「見た目の暖かさ」も意識してみてはいかがでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました