【驚愕】1年間ほどためていたディッキーズ商品タグの枚数を数えてみた

お店で新しく購入した服には値段やブランドを記した「タグ」が付いていますよね。

ディッキーズならこんな感じでタグが付いています。

これって皆さんどうしてますか?

その場で切ってもらうという人。

家に帰ってからすぐに捨ててしまう人。

タグをつけたまま服を着るラッパー

いろいろだと思います。

今回はそんなタグのお話。

捨てられないディッキーズの商品タグが気づけばいっぱいたまっていた

ちなみに私は購入した服のタグは捨てずに全て取っておくタイプの人間です。

専用の「タグ保管箱」へ入れて、大事に大事に保管しています。

そんな私もかつてはタグをすぐに捨てるタイプの人間でした。

ところがある日から、「この捨てているタグにもDickiesのロゴがプリントされているんだなぁ」と思うと、とてもじゃないけど捨てられなくなりました。

好きすぎですよね、ディッキーズ。
変態の域です。

かれこれ1年近くためたのかな。

それで先日ふと、どれくらいたまったのかと思い、専用のタグ保管箱を見てみると、

これだけたまっていたのでびっくりしました。

並べるとこんな感じ。

40枚くらいですかね。

「全然甘いよ!」なんて言われそうですが、ひとつのブランドタグをこれほど集めたことなんてなかったので達成感があるし、ディッキーズのブランドロゴがいっぱいたまったしでもう幸せですよね。

ディッキーズの商品タグを読み解く

集めた商品タグを眺めていると色んな発見がありました。

多様な製造国

集めたタグは日本法人のディッキーズのものです。

ほとんどは中国製でしたが、中にはインドネシア製のものも。

1枚だけ日本製のものがありました!

珍しいですよね。

タグごとの表記の違い

タグのバーコードと製造国が記載されている部分の下の表記が違いますね。

一方は「Williamson-Dickie Japan 合同会社」と書かれていて、

もう一方はなんか英語がつらつらと書かれています。

どういう使い分けをしているのか気になります。

コラボ商品のタグの仕様

こちらはディッキーズと「シンプソンズ」のコラボ商品のタグです。

コラボ商品は普通のタグではなく専用のものになっています。

特別感があっていいですね。

色んな違いがあって面白いです。

終わりに

今回集めた40枚のタグを広げてみて、改めて自分がディッキーズの服を好きなんだと認識しました。

また、これらは全て「アパレルだけで集めたもの」です。

ボトムスも含めたり、まだ切ってない商品タグも含めたりすると、もっともっとディッキーズの服を所有していることになります。

きっとこれからも増え続けていくんだろうなぁ。

また、タグが100枚くらいになったら報告しようかなと思います。

では、読んでいただきありがとうございました!

ディッキーズ公式ストア